古事記 大根。 野菜の知識【だいこん】<丸果石川中央青果>

大根 古事記

袋を背負つておられても、きつとあなたが得るでしよう」と申しました。 そうして醉つぱらつてとどまり臥して寢てしまいました。 記録 [ ] 日本書紀 [ ] 『日本書紀』によれば、大碓命・小碓尊ら双子出生の際、天皇が怪しんで臼に向かって叫んだので、「碓(うす)」の名がついたという。

12
大根 古事記

わたくし安萬侶、謹みかしこまつて申しあげます。 その日か翌日中に洗い、縄で編んでつるし、乾燥させます。

14
大根 古事記

longipinnatus として扱われるが、原種ははっきりしていない。

14
大根 古事記

その彦国葺命の裔孫和珥臣鳥務大肆忍勝が部下を率いて真野の地に居住し、持統四年に真野臣の氏姓を授けられた。

19
大根 古事記

練馬尻細大根の旬は11月から翌年1月頃、80cmほどになる大型のダイコンです。

2
大根 古事記

「だいご、でえこ」の売り声で、大根を籠に入れて天秤棒で売り歩いたり、江戸近在(練馬あたり)の農夫が馬に積んで売り歩いたり、また八百屋(青菜屋)の店先に並べて売られました。 岡山県備前市の大根神社 祭神は木花開耶姫命ですが、一説には神大根王であると言います。

1
大根 古事記

「聖天さま」(大聖)へ供えた大根のお下がりを、ふろふき大根にして参拝者2000人に振る舞う。 現在、西宮後方に御墓所がある。 また、カブの葉同様、刻んで飯に炊き込んだものはとなる。

大根 古事記

伊豫 ( いよ )の國をエ 姫 ( ひめ )といい、 讚岐 ( さぬき )の國をイヒヨリ 彦 ( ひこ )といい、 阿波 ( あわ )の國をオホケツ姫といい、 土佐 ( とさ )の國をタケヨリワケといいます。

7
大根 古事記

漬物が有名。

2